30代を過ぎた今、マッチングアプリの婚活がアツいです!

私は婚活をもう3年くらいしている状態です。
最初は20代後半ということもあり、婚活パーティーや集団お見合いなどで複数の男性から声をかけてもらえることがほとんどでした。
そのため、よりよい男性が見つかるだろうと思って、年収やルックスなど少しでも自分の希望に沿わない男性に関しては、全てお断りする状況になっていました。

最初の1年では、20人くらいの男性からお声がかかったのですが、自分で思う理想の相手には1人も会えませんでした。
2年目も婚活するエリアを広げて行っていたのですが、自分の気に入った男性からフラれることが相次ぎ、徐々に婚活をする自信がなくなっていきました。
それでも自分の理想のタイプでない男性からは何人も声をかけられていましたが、まだ20代だから納得いくまで婚活したいと思って全員こちらからお断りしました。

このように、20代のうちの数年間は男性の方からお誘いを受けていて婚活が成功しそうだと思っていたのですが、30歳になって以降は男性から全く相手にされないようになりました。
以前のように婚活パーティーに行ってもカップル成立することはない状態であり、フリータイムでこちらから声をかけてみても相手から迷惑そうな顔をされたりすることが増えました。

そのため、婚活の方法を結婚相談所や婚活サイトといった、主に一対一で顔を合わせるような方法に切り替えました。
婚活サイトに関しては毎月5000円程度とそれほど高くはないのですが、結婚相談所は毎月10000円程度の会費がかかる上に、お見合いをするだけで1回5000円かかってしまうことから、かなりの費用がかかってしまいました。
私は当時は正規雇用ながら給料のかなり安い仕事に就いていることから、毎月結婚相談所にかかっている費用が高い上にお見合いしても納得いく相手が見つからないことから、1年程度で結婚相談所は退会しました。

現在30代半ばですがまだ婚活は続けており、先月からマッチングアプリ30代女性の利用を始めました。
利用してまだ1ヶ月ですが、数人マッチングできた男性とメッセージのやり取りを続けています。

最近は婚活をする頻度も減らしていてこのまま独身でいる可能性が高くなっていますが、世間では同年代の独身男性もまだまだいると聞いているのであきらめずに、なおかつ相手の希望を緩めていこうと思っています。

40代での異性との出会いにはまずは0円で利用できる婚活サイトを利用してみましょう

40代を超えると、普段の生活だけではなかなか男性との出会いの場ってありませんよね?
やはりそういうときには、0円で利用できる婚活サイトがオススメです。
⇒⇒⇒<40代女性>0円で婚活したい!※無料の婚活サイトってどれ?

無料なので、気軽に婚活をスタートするのにもいいですよね。
そして、婚活で出会った相手との初対面の場でどんな会話や質問をしたら良いのかを知っておくと、緊張せずスムーズに会話を楽しめるでしょう。

定番の質問として、相手が答えやすい「出身」「趣味」「好きなこと」「最近ハマっていること」は相手のタイプに問わず会話として発展しやすく、距離感を縮めやすいと言えます。
初対面同士の会話では相手と共通する話題を多く見つけることが大切なので、相手が答えやすい質問を用意しておくことで、相手と自分の共通点を見つけやすく、会話を盛り上げることができるでしょう。

ですが、相手からの質問で答えに困ってしまうようなこともあります。
答えに困る質問として多いのが「年齢」「仕事」「恋人がいない期間はどのくらいか」「年収はどのくらいか」「過去の恋愛について」が挙げられます。
婚活サイトでプロフィールなど予め年齢は知られると思いますので、40代だからと言って恥ずかしがらずに正直に答えましょう。
逆に「いくつに見えると思います」といった相手がどう返して良いのか困ってしまうような言い方はしないようにしましょう。

年齢は変に隠したり、ごまかしたりしないで正直に答えるのが好印象です。

どんな仕事をしているのかという質問についてですが、職種や仕事内容を詳しく言いたくない場合は広告系、小売系など業界で答えるのが良いでしょう。
事務や販売といったまとまった形で答えるのも良いです。

恋人がいない期間はどのくらいありますかという質問も多いです。
ですが、初対面の人に恋人がいない期間を言うのは嫌だと感じる人もいます。
もし、嫌だなと思う場合は「こういう話はもう少し親しくなってからが良いです」と答えて良いです。
変にごまかしたり、困ってしまうと相手も困ってしまうので、親しくなってから話しましょうと言う方が誠実な感じがします。

年収はどのくらいですかという質問に対しては、年収が高くても低くても「平均的です」と答えるのが無難です。
そもそも、初対面の人に年収を聞くのは失礼ですし、具体的な金額も答える必要はありません。
年収にこだわる感じの人はあまり良い印象でない場合が多いので、どうしてもしつこく聞いてくる場合は「秘密です」と答えて、候補からそっと外しましょう。

それから、個人情報に関わる住所や両親のことについては質問するのはやめましょう。
初対面の人に住んでいるところや両親のことを話すのは嫌なものです。
個人を特定できるような質問は絶対にやめましょう。

また、過去の恋愛に関しては色々な事情があって別れてしまったというケースもあるので、聞かれて良いものではありません。
特に初対面では質問しない方が良いでしょう。

良い質問をすることで会話が持ち上がって、楽しいものになれば、その後の進展にもつながるので、質問は大切だと言えます。

娘が大好きな福岡のこども病院で働くパート看護師さん

子どもの検診で福岡市立こども病院に通っていますが、ペーパードライバーの為、公共の交通機関を利用してこども病院まで行きます。
先ず天神までバスで20分、(降りる場所によっては15分程次の乗り換えのバス亭まで歩きます。)
天神からさらに高速を通るバスで30分、子どもを連れて居るのと天神からのバスの本数ご少ないので、2時間は余裕を持って家を出ます。

新しくなったこども病院は、受付から診察室までが以前より近くなり、全体にシンプルになりました。
受付を済ませると、自分の診察の番が来たら音がなる呼び出し用の機械を渡されます。
なので呼ばれるまでは離れた場所にいても大丈夫です。

各診察室の前には色々な絵本もあります。
それとは別に絵本が沢山置いてある静かな場所もあります。

以前の移転する前のこども病院では、ボランティアの方(若い看護婦さんかも知れません)が絵本を読んだり、子ども達とブロック等で遊んでくれるコーナーがありました。
(毎日では無く、日にちや時間帯によっている日といない日がありました。)

売店もちょっとしたレストランもあります。
こども病院の周りには、少し行くと大きな公園もありいつか寄りたいなと思いますが、中々病院の帰りには寄る気になりません。
(帰りの時間もバスのタイミングが悪ければ2時間近くかかるので)

診察の先生は、以前のこども病院から引き続き同じ先生でした。
早産で生まれた為、神経科で経過観察をしてもらっていましたが、異常なしと言うことでこれが最後の診察になります。

でも神経科の診察とは最初から最後まで私には良くわからないものでした。
特別に子どもと話をしたり様子を観察したりという時間は殆どありません。
簡単に挨拶をして名前を聞いて保育園楽しい?など一言二言話して終りです。

診察はいつも5分程でした。
でも、子どもはここで働く看護師さんが大好きなんです。
パートの看護師さんのようですが、検診に行く度に担当になってくれるので、子どもはやったー!と毎回大喜びなんです。
とても優しい看護師さんなので、娘にも大きくなったらこんな看護師さんになってくれたら・・・なんてまだまだ気が早いですが思っちゃいました。
⇒⇒⇒看護師求人福岡パート

脳梗塞に麻痺になったがリハビリで機能回復した

私が脳梗塞になったのは4年前の冬でしたが、突然の頭の痛みから目が回りだしてこれはイカンと思い救急車を呼んだのです。
幸い手当が速かったので命は助かったのですが、左半身に麻痺が残ってしまったのです。そして脳外科からリハビリ専門の病院へ転院になり、本格的なリハビリがはじまったのです。

それまで大きな病気もしことがなく、いきなり立つことも物をしっかり掴むこともできなくなったのはショックだったです。
最初は移動するのも車いすで介護士さんに押してもらいながら、病院内を移動していたのですが、嘆いてるわけにはいかないのです。なんとか社会復帰するために、それから必死になってリハビリを行ったのです。リハビリのサポートをしてくれる人をセラピストと言って、主に足などの下半身は理学療法士が上半身は作業療法士の人が面倒みてくれたのです。

まず歩行するのも最初は介助がついて5メートルも歩くのがやっとだったのです。しかし少しずつなれてくれると今度は歩行器を使って一人で歩けるようになってきたのです。すると自信がついてくるので距離も10メートル、20メートルと伸びてきます。
それから今度は歩行器から杖をついて歩けるようになってきたのです。病院では毎日3時間ほど決められたリハビリをするのですが、私はそれ以外の時間も、とにかく廊下を歩く練習をしていたのです。すると杖をついて100メートル歩いても平気になってきたのです。

また上半身のリハビリもつらかったです。洗濯バサミをはさむ練習や積み木を穴に入れる練習などを行ったのですが、指や腕を思うように動かず大変苦労したのです。しかしそれも繰り返し行うことで、それらの動作もできるようになりうれしかったです。

入院生活はご飯も病院食で量も少なく楽しみは少ないのですが、毎日のリハビリで少しでも機能が回復していくことが生きがいだったのです。5ヶ月ほど入院したのですが退院するころは、日常生活に支障がないぐらい回復していたのです。

もし脳梗塞になって運動麻痺が起きても真面目にリハビリを行えば、機能回復は可能なのであきらめないでください。
そんな私の娘は岸和田で薬剤師をしています。ちょうど私がリハビリをしているころに転職を考えていたようで、お見舞いがてらよく来てくれました。最近みつけたこちらのサイトで無事によい職場に転職できたようです
薬剤師求人|岸和田市で好条件の職場の探し方【私の転職体験談】

私も娘も心機一転、がんばっていこうと思います。

おっさん勘弁して!看護師もビックリな労災病院の患者さん

私は現在、就業中に脊髄を損傷してしまい、横浜労災病院にて入院中。
日中は来る日も来る日もリハビリで、はっきり言って暇としか言いようがない。
同僚も平日は仕事なので、お見舞いに来てくれるのは土日のみ。
どうやって暇をつぶそうか、それしか考える事はないのである。

幸いにして自分の病室は3人部屋なのだが、真ん中のベッドの方は10日間ほど前に退院したので、今は2人で一室。
快適と言えば快適だ。
結構強面の方だったが、話せば非常に物腰が柔らかで楽しかった。
こりゃ外見で損するタイプだな、と感じたし、率直にその事も話して、年がら年中職務質問だよといい、話相手にもなってくださっていた。

その奥のおっさんは外見で判断していたのか、退院していった方に話しかけたりすることは無く、非常に静かな患者さんだった。
だった、だった、過去形だ!

真ん中のベッドの患者さんが退院してから、奥のおっさんの日中は急激に変化した。
強面だっただけに、ビビっていたとしか言いようがない。

日中はまだしも、夜中も携帯で話す話す。テレビはイヤホンをしない。
それは看護師に言って注意してもらった。
その看護師さんも「わたしも最近この労災病院にうつってきたばかりだけれど、ここまで態度がひどい患者さんは初めてです」とコッソリ教えてくれた(笑)。
⇒⇒⇒横浜市で派遣看護師として働く私のアドバイス※求人探し方のコツ
ベテラン看護師さんっぽかったので、やはりこの患者はよっぽどなのだろう。

当然おっさんも暇なのだろう。友人を何度も呼びだす。
見舞いに来てくれや、遊びに来てくれや、会話は筒抜けだ。
携帯で話すなって注意されたろ!

見舞いに来てくれる友人も友人だった。類は友を呼ぶとはよく言ったものだ。

「病院食はまずいだろ」いきなり寿司を買ってきたバカがいた。
これはノンアルコールだからよ、ビールを買ってきたバカもいた。

整形外科病棟なので自由に動けないので、飲みたいものを買いに行くのも一苦労だ。
奥のおっさんは足を骨折したらしい。詳しい事は聞いていないが。

このおっさんはまだ足が痛むのか、夜の8時ごろになると睡眠導入剤を飲む。
1時間も経過しないうちに寝てしまう。

悩まされるのは毎日この後だ。
夜中、起きる、倒れる、叫ぶ・・・・
頭の中は骨折しているという事を忘れているんだな。
毎日毎日、私は眠い。半分寝ながらリハビリの日々を過ごしている。

早く退院して~。

普段はクールな自分が別の自分に変わる瞬間

カラオケ
最近嬉しかった事はカラオケの採点機能を使って自分の歌がどのくらい上手なのか、判定してもらった結果89点という高得点をたたき出した事です。思わずガッツポーズしました。

カラオケは元々大好きで一人カラオケが主流になる前からやっていて、一人カラオケ歴19年の大ベテランなのですが、それが実りました。89点という高得点をたたき出した曲はKinKiKidsの『情熱』という曲です。

ちなみに89点という点数ってそんなに高くないんじゃない?普通じゃないの?って思っている人もいそうですが、これは精密採点機能を使っていますので、音程の性格さや抑揚のつけ方、ビブラートの上手さ、表現力、総合的に判断されます。何年か前にシンプル採点機能で90点以上を何回も出していますが、これはある程度曲を知っていて、まあまあ上手く歌えればたたき出せる点数なのです。以前と今では採点機能が全く異なるのです。以前の機能だったら98点くらいに匹敵する点数です。この精密採点機能だったら『情熱』に関しては全国ランキングで1位です。

KinKiKidsの代表曲『硝子の少年』に比べたら、知名度も低く、歌う人数が少ないので、それも狙ったのですが、それでも嬉しいもんです。初めてこの精密採点機能を使ったのが去年の12月で同じKinKiKidsの『情熱』を歌った時はまだ70点台だったのが、1年も経たない間にこんなに点数を伸ばす事が出来て、自分は歌う事の才能があると自負ました。ジャニーズの曲は好きでよく歌います。

KinKiKidsの他には光GENJI、SMAP、近藤真彦等若い人よりはどちらかというと年齢層が上の方に人気のジャニーズの曲を歌う事が多いです。
その中でもKinKiKidsはデビューした頃から聴いていて、一番歌いやすかったというのもあると思います。

私自身の性格は元々、ネガティブな性格で卑屈で小心者で自信のない性格なのですが、そんな私を輝かせてくれたのが『歌』です。歌う事によって本当の自分を表現する事が出来ます。普段、会社の同僚からはテンション低くてクールな人という風に言われてるんですが、カラオケでKinKiKidsの曲を歌うと女性の反応が大きく変わります。それまで仲良くなかった人から声をかけてもらって、ジャニーズ話で盛り上がります。歌の話とかジャニーズの話になると割と饒舌になります。KinKiKids様様です。